2スト125・250&TOKYO ENDURO CLUB

ブログ統合でオフロードメインですが、モトGPや4ストミニ等、自分の好きな事を書いて行きます。

GNCC

やっぱアメリカのレースはスケールがデカイです。

当時、初開催のピッツバーグでの会場です。

遠くに見える風車のところもコースです。
チョット考えられないスケールですよね。
いつも10~12マイルくらいのコース延長なんですが、トップは30分前後で周回しています。
20キロ弱の凸凹のコースを30分で走るって・・・そのスピードの凄さが分かるかと思います。
多分、想像すらできないと思いますが、トップライダーの本気の走りはマジで鳥肌が立つほど凄くて感動です。

赤いT シャツの御方はBAJAで有名なJCRのジョニーさんです。
小池田選手もお世話になっていました。

この時、一番左のライダーはペンシルベニアの空港からプリントアウトしたグーグルマップのみで会場まで到着しました。
レンタカーでたった一人で山奥の会場まで来れるとは、たいしたものです。
小池田選手を除いて、GNCC参戦の日本人ライダーで最高位なんじゃないですかね、多分。
初参戦の時はRD2のジョージアで小池田選手より上の順位でゴールしてました。
そして、リベンジしてるのも彼だけだし、頑張ってましたね・・・まあ今も頑張っていますけどね。
他の日本人ライダーさん達も参戦して欲しいですね。

下見するのも大変です。
半日は掛かります。
また行けたらいいな。


WAYOUT660SSって?

オフロードバイク以外にも自転車もやっていました。

今から17年ほど前の事ですが、ダウンヒルに大ハマリしていました。
当時もモトクロッサーに乗っていましたが、スキー場のサマーシーズン、GWから11月までほぼ週2回行っていました。
自転車自体はオートバイのモトクロッサーより高価な物でしたが、当時は各パーツの進化が始まったばかりで良い物取りである程度の勝負は決まったようなものでした。
サスペンションやブレーキ、その他諸々のパーツが開発途上の真っ最中だったと思います。
当時から100万円以上のマシンがゴロゴロしてましたから。
Fフォークだけでも20万円以上してましたからね。
自転車では今のオートバイの立場より上にいたと思います。
オートバイより頑張っていたと思います。

↑は去年、久しぶりに富士見パノラマで当時物の初DHマシンを復活させて遊びに行った時のです。
この自転車でドップリDHにハマルきっかけになりました。
モトクロッサーは、今でもノーマルのままで乗っていますが、自転車はかなりお金使いました。
今の3倍くらい使ってましたかね。
その分、楽しみも強烈でした。

↑このマシンはオイラの一番の宝物です。
極々普通のHTに見えますが、コレだけは絶対手放せません。
オイラが自転車をやっていた証みたいなものですから。
660ss号ですが、オイラのHNのwayout660ssはコイツから来ています。
wayoutはトランポ、660ssは自転車からです。

660ss号の作成?者のYANSです。
なんと17年ぶりに再会しました。
彼のおかげで自転車人生が変わりました。
オイラが今まで生きてきた中で一番圧倒された人物です。
今は現役降りていますが、現役最後の彼を間近で見れた事は本当に有り難い事でした。
今後はチョクチョク会いに出向こうと思っています。
自転車・・・昔ほどは頑張らないけど、また少ずつやって行こうかなと思っています。
コレもYANSのおかげですかね。
ありがとう。

マイトランポ

オフロードバイクに乗り出して25年が経ちました。
とりあえず10代の頃からオートバイに乗っていますが、頑張って乗るようになったのは20代後半からなのでソコソコのベテランと呼べるくらいですかね。
ロードマシンに乗っていた頃はトランポは無く、レンタカーでサーキットまで運んで乗ってました。
オイラの初のトランポは・・・

ピックアップトラックのハイラックスでした。
友人から安く譲ってもらったんですが、当時はこのスタイルに憧れてました。
今となってはまずこのスタイルは選ばないですけど。
4駆として車のオフロードも楽しめてよかったんですが、やはりトランポとしての使い勝手はイマイチでしたね。
ハイラックスのあとからはずっとマツダで貫いています。
初代のマツダのトランポはボンゴブローニーのワゴン。
たまたまワゴンを買った訳ですが、コレが良かったんです。
商用バンより乗り心地もいいし、内装もしっかりしているし、何より車検が2年でいいってのがありがたかったです。
面倒臭がりなオイラは年車検は面倒で・・・。
ブローニーは16万キロくらい走って東南アジアの方へ旅立っていきました。
ブローニーのあとからは怒涛のフレンディ3連荘が始まります。
初代フレンディは

派手派手な某エアロメーカーのデモカーです。
オートサロンとかにも出品されてたのを、そのまま購入しました。
1ボックスのスタイルがイマイチ好きじゃなく、1.5ボックスを選びました。
当時、青&白と言うのを自分のイメージカラーと勝手に決めていて、たまたま見た雑誌でコレが売りに出ていたの発見して、その場で電話して購入しました。
今のHNのWAYOUTはコイツから来ています。
凄くお気に入りだったので長く乗るつもりでしたが、あのディーゼル規制で乗れなくなったので泣く泣く手放しました。
コイツは中東辺りに行ったはずです。
そしてフレンディ2代目は

オートフリートップ・・・、屋根が開くタイプのヤツです。

大人二人でも屋根裏でゆっくり寝れます。
ホントにフルフラットの真っ平らなので快適です。
オートバイ積んだまま上で寝れるので凄く便利でした。
コレには10年ほど乗って思い入れもたくさんあったんですが、色々とトラブルが出るようになってきてフロントガラスにクラックが入ったのを機に2年前に今の3代目に乗り換えました。
コイツは廃車になったんじゃないですかねえ?少し寂しい気もしますが。
そして3代目

真っ白ボディで標準ルーフの何のウリも無い3代目ですが、まあ気に入ってます。
さすがに20年近くフレンディに乗っているので使い勝手は問題ないです。
この3代目、2年前50000キロ走行の中古を買ったんですが、なんと車両価格は10万円でした。
いくら不人気車とは言え破格ですよね。
とりあえず、あと100000キロは乗るんじゃないですかね?
オイラは気に入ったものは長く使う・・・と言う性格らしく、結構同じものを長く使います。
YZだってもう年式は変わって何台か換わっていますが10年乗ってます。
CRMもDAXも20年以上乗ってます。
浮気性ではない?と思います。
しかし、あと100000キロ乗った頃ってオイラはいくつになってるんだろう。
まだオートバイに乗っているのか?
そう考えると次のトランポは無い?
まあ、ハイブリッド車に乗る事は無いと思うけど、次のトランポ・・・う~ん・・・。
もうそんな歳なんだなあ・・・。

まだまだ楽しめます。

基本、オフロード乗りなんですが、たまにこんなのにも乗っています。

1995年製の復刻版DAXです。
元々はオイラのじゃなかったんですが、持ち主が、あまりの遅さに乗れない…と言う事で
引き取らせてもらいました。
実際、本当にビックリするくらい遅かったです。
カブと同じエンジンのくせに、カブより全然遅かったです。
なので、手元に来てからエンジンを中華の125に換えました。
↑の写真は、交換後ですね。
これで劇的に楽しくなりました。
↑のままの状態でメーター読み120キロ出ました。
もちろんアンダーパスでの事ですが、フラットでも100キロは軽く出ます。
でも、ギヤ的には今以上のハイギヤードは無理なのでタイヤを12インチにして若干ですが
回せれば最高速が伸びる仕様にしています。

12インチ化はロンスイじゃないとダメだ…とかネットでは言われてましたが、普通に入りました。
でも、やっぱり、最高速はあんまり変わらないと思います。
12インチになった事で、メーターがくるってて実際どのくらいなのか分からないけど、体感ではあんまり変わっていないので。
とりあえず、最高速はしばらくお休みして、今はマフラーとか換えてルックスや音を楽しんでいます。

一番好きなのは↑なんですけど、イマイチ周りのウケが良くないんですよね。

コレはウケはいいんですが、音が爆音過ぎて気が引けます。
たぶん最高速も落ちたと思います・・・が、コレは音がうるさくて回せないだけかもしれません。
まあでも、中華の割にはもうすぐ2年で1000キロ強無事に走ってくれていますので満足です。
10キロもてば100キロ、100キロもてば1000キロと言われている中華ですが、まだまだ行けそうです。
当然壊れたら、また中華を買います。
次は160ですかね。
先輩の160に乗って見ましたが、超が付くほど速かったです。
モトクロッサーで言うとCRF150みたいな感じです。
ダルイ4ストのボウボウ~じゃなく、バウッバウッみたいな感じですかね。
ホント、モトクロッサーみたいな加速してました。
エンジンは基本ノーマルです。
4ストは弄った事ないので全く分かりません。
その昔は、YSRにDT200のエンジン積んだり、NSR80にRS125のエンジン積んだりして走っていました。
実測どちらも185キロ以上出てました。
昔は色々やっていましたねえ。


とは言え、今でも十分オートバイで楽しんでいます。






















頑張りましょうよ

モトクロッサーに乗っていますが、モトクロスは苦手です。
もっぱら山の中を走っています。

こんなところや

こんなところが多いです。
俗に言う山遊びと呼ばれているようですが、自分では遊びの感覚は無く、練習として
やっています。
多分、この場所に来てくれる皆さんも同じ感覚だと思います。
遊び感覚で来られる方にはそれなりに、ちゃんと練習で来られる方にもちゃんと
それなりに対応します。
マシンは何でもOKです、自分が好きで乗ってるマシンならば。
オイラ達はプロではないので、みんな自分で選んだマシンに乗ってるはずだからね。
そのマシンで頑張れない人はここにきても良い事無いと思います。
頑張れる人だったら誰でもウェルカムです。
ただ、普通の山系とは違うので慣れてないと苦労するかなあ・・・って、それが練習
なんですが。
オイラも、元々はガレ場や沢は好きではないんですが、とりあえず走れるように練習
しています。
そうそう、投げたりするのは論外です。

こうなる事は、たまに有りますが、、見て分かるようにかなり狭いところがメインです。
スピードは出ないのでよっぽどの事が無い限り怪我は少ないです。


そうですねえ、色んな人が来てくれてますが、頑張れない人の方が多いようです。
頑張れば良い事あると思うんですが、やっぱ頑張れない人は遊びって事なんでしょうね。
レースに出てる他人だってそんな人たくさんいるようで、もっと頑張ればいいのに・・・って人、たくさん見てきました。
うん、頑張れば良い事ありますよ、マジで。
頑張り方知らないのかもね・・・ってか、頑張った事がない?う~ん・・・。


せっかく好きでやってる事なんだろうから、頑張りましょうよ。
大きなお世話かなあ・・・?