2スト125・250&TOKYO ENDURO CLUB

ブログ統合でオフロードメインですが、モトGPや4ストミニ等、自分の好きな事を書いて行きます。

再度イメトレ

またまたイメトレ。

おやっ?


先日のあのライダーが押していたところです。
何だよ、オイラの方が上手いジャン!
自信持って行こう!
行って来ます。

#111

コレってアップしてたっけな?

2013 GNCC Rd-1少年スタート


5年前の開幕戦。
まだ5年前。
もうずいぶん昔のような気がするなあ。

コレの時だね。

ちなみに、#112は欠番だったと思う。
誰だか分かるかな?

やっぱカワサキがイイ!

これまた懐かしいマシンです。

93年のエディー・ウォーレン車です。
この頃のワークスマシンってシンプルで超カッコイイ!
オイラはこの型のKXが一番好きです。
ついでと言っちゃあ何ですが・・・。

エディーより少しあとのチキンのカワサキワークスマシンです。
コレの反対側はというと・・・

きっとチキンのチャンピオン記念カラーだったと思います。
ああ、JMXでのチャンピオンですよ、もちろん。
ゼッケンなんて、「チャンピオンは簡単でイイよなあ、テープ貼るだけで終わるぜ」な感じで男らしい#1ですよね。
飾りが無いって言うか・・・。


もうひとつついでに

コレはジェフ・ワード車。
やっぱシンプルイズベストですね。
いや~カワサキ車はカッコイイ!
やっぱ緑だよなあ。

DAX

ひさびさにDAXネタです。

エンジンが125になってマフラーもそれ用の純正ルックの中華セット。
これが初期ですね。
そして

マフラーがショート管になりました。
実はこの頃が一番速かったかもしれません。
この仕様でアンダーパスとか下りだと〇20キロ出ました。
メーターもこの頃はほぼ合っていて誤差分引いても3桁オーバーは確実でした。

そして現在。
マフラーも極太爆音になりRサスもシートも換わりました。
前後ホイルは12インチになりメーターの誤差も出てきてイマイチな感じ。
実速より低めに出るのでちょっと不満が出ます。
その他チョコチョコ変わっていますが、大まかはこんなところ。
このエンジンで丸3年過ぎましたが、まだまだ快調です。
160㏄構想もありますが、壊れてから…と思っていたので壊れないのは嬉しいやら…複雑な気持ちです。
とりあえず、今のまま楽しもうかと思います。
うん、楽しいです、DAX。

タイヤ

タイヤですが・・・

今まで、硬いタイヤや普通のMXタイヤ、やや軟らかタイヤからゲコタまで色んなタイヤを履いてみましたが、やっぱり場所に合わせて選ぶってのが基本でしょうね。
とは言え、昔みたいにMXメインのレースならタイヤも合わせ易かったんですが、このご時勢、XCは色んな路面が登場しますからね。
合わせ方は基本3通りで得意な路面に合わせる、苦手な路面に合わせる、オールマイティーな路面に合わせるの3通りかなと。
まあ、用途に応じて・・・なんですが、オイラはほぼTKOオンリーなので軟らかタイヤで行っています。
で、たまにJNCCライダーとかも来てくれますが、そこで感心するのが軟らかタイヤじゃないタイヤで来るって事です。
普段JNCCで走っているタイヤで来てると思うんですが、オイラはもうそんなタイヤで走れるかどうか分かりません。
それでも彼らは普通に走ってくるので凄いなあと思います。
きっと、彼らが軟らかタイヤを履いてきたら敵わないかもしれません。
ああ、そう言えば一人いました有名人?でゲコタ履いてきてパッとしなかったヤツ。
まあオイラよりは上手いんだろうけど、言うほどパッとしないヤツですね。


そう、タイヤは自分がこれだ!って言える自分が選んだタイヤだったら大丈夫でしょ。
サポートとか柵なしで自分が選んだんだったら言い訳なしって事でそれで行くしかないですよね。
要は頑張るしかないって事でしょ、上手くなりたかったら。


って事で、今回のガイアは山をメインに考えてバリバリ新品軟らかタイヤで行こうと思います。
前回は頂上まで行けなかったので今回こそは頑張って頂上へ進もうと思います。