2スト125・250&TOKYO ENDURO CLUB

ブログ統合でオフロードメインですが、モトGPや4ストミニ等、自分の好きな事を書いて行きます。

SPLペグ 3

SPLペグの件です。

↑コチラはチェンジペダル側。
コッチはこの角度でも全然大丈夫です、後の取り付けた部分。
シフトチェンジはシッティングの時でもスタンディングの時でもペグに乗っけて行いますが、問題無いですね。
↓問題があったのはコチラ。

コッチは角度を大きくしてもらいました。
ブーツの踵の厚み分を考えての事です。
ちなみに、シッティングの時はブレーキングする時にペグには足乗っけていないので関係ありませんが、スタンディングの時のブレーキング時に影響がありました。
たぶん、ノーマルペグだと、スタンディングの時、土踏まず部分でペグに乗りシーソーみたいに前後させてペダル踏んだり開放したりしてると思うんですよね。
この角度がないとそのシーソーができなくて両方の動作、特に開放の動作がやり辛かったんです。
とりあえず、この角度で違和感は減りましたが、もう少し煮詰めるのもありかもしれません。
どこかのインプレでは、アップヒルに良いとかダウンヒルに良いとかってありましたが、
イマのところそこまでの恩恵は感じていません。
まだまだ違和感の方が大きすぎです。
ああ、違和感と言っても悪い方ではないですよ。
もっと慣れてくればもっともっと良い感じになると思います。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。