2スト125・250&TOKYO ENDURO CLUB

ブログ統合でオフロードメインですが、モトGPや4ストミニ等、自分の好きな事を書いて行きます。

Xね・・・

今回のガイア、YZXでは初めてだったんですね。
GKO沢もずっとYZだったので初のXでのチャレンジでした。
まあ、マシンが違うと言っても、TKOでは違和感無く乗れていたので、当然何の心配もしていませんでした。

頭では分かっていたんです、エンジンはYZよりマイルド、サスもYZよりマイルド・・・と。
でも、モトクロッサーベースだから大して変わらない・・・ってか、ほとんど変わらないイメージでした・・・・・・・・が、GKO沢へ行ってハッキリ分かりました。
今回のGKO沢、苦労したんです。
今まで5回以上チャレンジしていてあんまり失敗はしていなかったんですけど、今回はかなり失敗しました。
その原因は・・・Xのエンジンのマイルドさだと思います。
今までYZだと、助走無しのステアでも、クラッチをパンと繫いでフロント上げながら進めたのに、ちょっとイメージと違う動きだったんです。
若干ですが、反応が良くないんですね。
これ、ホント若干なんですが、自分のイメージとズレがあるんです。
このズレに気が付くまで少し時間が掛かりましたが、後半はなんとか対応できてきたかな・・・と思います。
瞬発力ではYZと比べてマイナスでした、やっぱり。


でも、コレがGKO山では良い方向へ向きました。
低回転で粘る・・・と言う、監督達のインプレ通りそれを実感できました。
そのおかげで今回のGKO山は上手く進めたと思います。
できるだけタイヤを空転させずに、グリップさせデロデロデロと進ませて行こうと思っていた通りに進めました。
YZでは、これ以上グリップさせたまま進むとエンストする・・・な場面でしたが、Xでは行けましたね。
山系ではこの特性を生かして少し乗り方変える練習をしてみようと思います。


・・・と書きましたが、なんかYZのエンジン特性の方が気持ち良いなあと思うオイラです。
やっぱ、マッタリよりパンッの方が良いと思うなあ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。