2スト125・250&TOKYO ENDURO CLUB

ブログ統合でオフロードメインですが、モトGPや4ストミニ等、自分の好きな事を書いて行きます。

期待のホープ!

さて、さっそくテストしてきます、VE33S。

最近、メインに履いている軟らかタイヤ、左から546チーター・VE33S・540DCです。
この中で一番軟らかいのは540DC、そして546チーター、VE33Sの順になります。
ブロックの間隔の広さも同じ順ですね。
最近一番気になるのがブロックの大きさです。
どうもブロックが小さいのは頼りない気がするんですよね、最近。
その点、VE33Sはブロック自体は大きいのでどんな感じか期待です、間隔も狭いですしね。


そうそう、タイヤ交換してて気が付きましたが、タブリスのインナーチューブがパンク・・・バルブのところが切れていました。
まあ、毎度の事なのでそれ自体では驚きませんが・・・って事はビードを留める機能はなかったって事になるんでしょうが、ビード落ちする事も無く普通に走れていました。
この時は546チーターだったんですが、もちろんタイヤ内のエアーもゼロで普通に街中走れていました。
ああ、オイラが鈍感なだけだったのかもしれません。
しかし、やっぱタブリス無しでは走れなくなりました。
タイヤ交換も楽だし、ビード落ちの心配もないし、エア圧バンバン落とせるし・・・かなりお勧めです。
では行ってきます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。