2スト125・250&TOKYO ENDURO CLUB

ブログ統合でオフロードメインですが、モトGPや4ストミニ等、自分の好きな事を書いて行きます。

30年ぶりでしたが

行って来ました、全日本ロードレース筑波大会。

何となく意味も無く、ただただ坂田選手を観に行ったわけですが・・・、全日本って言うのを忘れていました。
MXでの全日本って言うと知った名前やチームがあるんですが、全日本ロードレースではほぼ知った名前は無く、チームを少し聞いた事があるくらいな感じでした。
土日の2デイズで行ったわけですが、土曜日開場が7時で20分前に到着したんですが駐車場もスムーズに入れて7時開場では待ちの行列も無し、応援場所の場所取りも無しのチョット気の抜けた感じでした。


それでも、アナウンスでは、「凄い盛り上がり・・・」と言っていたのに違和感を感じながらレースを観戦していましたが、エントリーリストで色々情報を見ていると年齢のバラバラ差に驚きました。
14歳の少年もいれば65歳のお父さんもいる・・・でした。

エントリー台数も多くなく、30年前に行った時とは雲泥の差です。
予選はグリッド決め、大体30台くらいでのレースでしたね。
何より驚いたのが、高校生まではチケットフリーだったと思うんですが、ほとんど見る事ができなかったことです。
お父さん連中は多かったんですが、若者が全くいません。
お父さんに連れて来られた高校生・・・ってのも見ませんでした。
こんな所にも、若者のオートバイ離れを感じちゃいましたねえ。
スター選手がいない?とは言えね・・・。
いや~、暑くて疲れました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。