2スト125・250&TOKYO ENDURO CLUB

ブログ統合でオフロードメインですが、モトGPや4ストミニ等、自分の好きな事を書いて行きます。

そろそろワクワク

さてさて、早いもので、一ヵ月後はセパンから帰って来る日です。

しかし、モトGPも今週末はタイ、一週空いて茂木、オーストラリア、そしてマレーシアと怒涛の3週連続のGP開催です。
たぶん、セパンの頃にはチャンピオン決まってると思うんですが、そんなのはもうどうでもいいんです。
めったに大声で応援することは無いんですが、この時ばかりは先陣を切って『バ~レ、バ~レ、バ~レ』とバレコールを先導します。
今年もヤマハピットの前に陣取ってロッシの応援です。
去年だとすぐ横がマルケストリビュートだったんですが、赤い#93のTシャツ着てるのに帽子は黄色の#46をかぶってる・・・と言う何でもありな応援席でした。
↑の写真はたぶんF1開催のヤツだと思うんですが、モトGPだとココがロッシトリビュートになります。
もうね・・・真っ黄色ですスタンド全てが。

ホントはココで応援したいんですが、陽が当たるんです、ずっと。
30℃越えの気温の中、陽射しまで当たるとマジでヤバイです。
グランドスタンドは陽が当たらないけどメチャ暑いですから。

またこの人を探して一緒に写真撮って来よう。
本物には、全く全然近付けません。
あと一ヶ月・・・ワクワクが続きます。

週5?

さて、夏休みも無事終了し、社会復帰して3日が過ぎましたが、また明後日から3連休、良いリハビリになります。
先週はよく練習しました。
日曜日は野母崎

月曜日は裏山


火曜日は移動して水曜日はランチで水曜会


そして締めは土日のTKO2デイズ。

ゲストさん達も来てくれて

休息日は木金の2日間だけでした。
無事怪我無く終れたので善しとしましょう。  
予定とは少し違っちゃいましたが、満足です。
今度の休みはランチ開拓ですかね。
台風の影響やいかに!

イヤなヤツ

TKOを走る時も、ランチを走る時もほとんど先頭を走ります。
サマーシーズンの嫌なヤツ。

あんまり目立ちませんが、蜘蛛の巣がビッシリです。
特に、野母崎の蜘蛛の巣は最強でした。
驚いた事に糸の色が黄色なんです。
まあ、普通に引っ張ってみても切れません。
最近のTKOも蜘蛛の巣だらけなんですが、水で洗ったりするとあっという間に取れるんですが、黄色い糸は全くビクともしません。
幸い、TKOにもランチにも黄色い糸の蜘蛛の巣は無いみたいなので良かったです。
そうそう、無くて良かった?物がもうひとつ。

苔生した石畳なんてほとんど走った経験ありませんでした。
今回も、走ったのではなく通過した・・・みたいな感じでした。
こんな状況でも普通にビビらず走れるようになりたいものです。

行って見ました・・・が

長崎で行きたかったところのひとつ、伊王島ですが、行って来ました。
・・・が長崎の知り合いに会う度に、『伊王島に行きたいんだけど』と言ってたんですが、みんなの答えは同じで『ああ、伊王島ね・・・』な感じでした。
まあ、地元だからイマイチ関心も無いんだろうな・・・と思い、野母崎の手前にある伊王島へ行きましたよ。

後輩のある一人が、『橋を渡る時、オ~ッと思うだけですよ』と言っていた意味が分かりました。
そして、みんながイマイチな反応だったのも。
確かに、コレ!・・・と言ったウリがないんですね。
ちょうど、ツールドチャンポンなる自転車のイベントやっててキレイなビーチにも行けなかったのも残念な結果になったのかもしれません。
まあ、一度行っとけば良いかな・・・な感じでした。
よっぽど近所のコッチの方が見栄えは良かったです。


頑張る!

今回、長崎の野母崎のコースへ行った目的はひとつは来年のエンデューロ参戦へ向けての下見、そしてもうひとつ目的がありました。

コースの看板ですが、この看板のライダー・・・オイラの昔の仲間なんです。
元々、河原で一緒になりました。
当時からMXをやっててMCではエキスパートで走っていました。
河原の練習でEDもやっていたんですが、この時の仲間内のレースはとてもレベルが高くオイラはシングルフィニッシュすれば上出来な感じでしたが、このライダーは3~4番手でした。
河原ではまったく刃が立たず、一緒に行っていた自転車DHでなんとか勝負できたかな・・・なくらいです。
当然オイラの目標でもあったこのライダー、長崎へ転勤となって河原からいなくなる事になったんですね。
でも、転勤先がオイラの田舎の長崎って事で当時は毎回トランポで帰って長崎で一緒に乗ってました。
歳はオイラより3個下でしたが、真面目で努力家で自分にも厳しい素晴らしいライダーでした。
でも、そんな彼も亡くなってしまって一緒に走る事はできません。
そんな彼の遺品がこの会場にはあるんです。
亡くなって数年、彼に「来年出るよ」って報告するためにがもうひとつの理由です。
彼を身近に感じられるコースでレースに出る・・・、彼に怒られないように真面目に走る・・・ってのをこの野母崎でやりたいんです。
来年、野母崎エンデューロ出場します。
コースは思ったより難しく無さそうだけど、一生懸命頑張ります。
得意じゃないハイスピードでもへこたれず頑張ります。
頑張る練習は毎回やっているので気持ちが折れる事は無いはず。
彼の分までとは言いませんが、まだまだ頑張って走れる自分を見てもらうために。
頑張る気持ちがある以上、ずっと乗っていられると思います。
遊びで楽しめれば良い・・・と言う気持ちしかなくなれば飽きちゃって乗らなくなるかもしれません。
まだまだ、上を目指して頑張れるオイラがいるので走れる環境に感謝して頑張ろうと思います。
普通のライダーでも頑張れるところを見せ付けてやろうと思います。
うん、頑張りますよ。