2スト125・250&TOKYO ENDURO CLUB

ブログ統合でオフロードメインですが、モトGPや4ストミニ等、自分の好きな事を書いて行きます。

心地良い瞬間

なかなかの風雨でした。
雨は別に嫌いじゃないんですが、風がね・・・。
今日は上下カッパに長靴で帰ってきたんですが、ワクワクする事がありました。
帰りは基本南よりの風で上手く行くと追い風で帰れるんですが、なかなかね。
そんな中、ワクワクする瞬間が数回やって来ました。
いつもは、風を切って走る・・・と言うとカッコイイですが、常に風切り音がするんです。
それが、その音がパタ・・・・・・・っと、しなくなる瞬間が数秒間あるんです。
まさに追い風を受けている瞬間なんです。
カッパのフードに当たる雨音も、風切り音も何にも聞こえなくて凄く心地良い瞬間なんです。
ホント無音で心地良いんですよね、カッコ良く言うと風になった感じですかね。


そうそう、そんな自転車ですが購入してちょうど一年経ちました。


中華製でたったの3万円弱で買えて評価もバリバリ悪かったこの自転車ですが、一年間BBのベアリングが逝っちゃっただけであとはノントラブルでした。
BBもシマノの普通のヤツに換えてそれ以降は全く問題ありません。
一年間の走行距離は少なく見積もっても月600キロなので7200キロは越えてる計算です。
コレで雨の日も雪の日も走ってBBだけのトラブルってのは、十分耐久性良いと思いますよ。
DAXのエンジンだって2年経ったけど、全然元気だし。
当たり外れもあるかもしれないけど、たぶん、すぐ壊す人ってか壊れるヤツは扱い方が雑なんじゃないでしょうかね?
中華で安物だからいいやって雑に扱ってるんじゃないでしょうか。
優しく愛情持って扱えば、きっと応えてくれるはずです。
もう、オイラは十分元取ったと思います。
まあ、お金持ちは無理して中華買わなくてもいいんでしょうが。
ビンボーなオイラは中華様様です。
トランポのタイヤも中華購入しました。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。