2スト125・250&TOKYO ENDURO CLUB

ブログ統合でオフロードメインですが、モトGPや4ストミニ等、自分の好きな事を書いて行きます。

お疲れ様

朝起きてからからニュースとか見ないので、会社についてニュース見たら・・・

なんと、ロレンソ引退!・・・と。
イヤイヤ、まだまだトップ走れる力あるでしょう。
今シーズンは、怪我の影響で全くだったけど、怪我が治ってマシンに慣れてきたら必ずいけるでしょ。
オイラ、ロレンソにはあんまり思い入れはないけど、ヤマハの頃のブッチギリのレースは凄いなあと思っていた。
それと、富沢選手の追悼ビデオで見たロレンソには心動かされた。
マルケスに勝つ事ができる数少ないライダーだとも思う。
本当に残念だ。
でも、コレが世界一になった選手の引き際なのかもしれないな・・・とも思う。
セパンでもちゃんと見納められたし・・・お疲れ様です、ロレンソ。
最終戦、怪我しないように、頑張って燃え尽きてください。
秘かに応援します。


今週末も・・・

さてと、今週末もKDXで行きますかね。

先日の感じじゃ、昨日降った雨の影響があっても問題なく進めそうですから。
で、抜けてるRサスですが、コレはこれでダンパーの役目がよく分って今後のセッティングに役立ちそうです。
とは言え、皆さんが気にしてるほど、セッティングに頼ってはいないんですがね。
オイラが、KDXで気になるのはFフォークのアクスルの下の突き出た部分や、地上高の低さ、ノーマルのハンドル幅くらいですかね?この3つはランチ周回コースにできた轍に入るとFフォークが引っかかり、フレームも引っかかり、YZのハンドル幅ではスンナリ行けるところも木に当たり・・・と、色々と障害があります。
それだけマシンハンデがありながらも、それはそれで楽しめるんですよね。
でも、Fフォークだけは何とかしたいんですよね。
テントガレージに眠っているRM125のフォークを移植しようと思ってるんですが、なんか面倒っぽいんです世ねえ。
もしフォークが良くなったら、今度はRサスOHとかなるんでしょうけど、この古いマシンにそこまで手間隙お金掛けてやる事なのかな?・・・と。
好きなマシンとは言え、性能的にはYZに敵うわけないのでね・・・。
この状態だから割り切れて楽しい・・・ってのもあるのかもね。

明日だ明日。

ガンバレKAWASAKI!

ふと思ったら・・・

オイラ、カワサキには結構乗ってるんだな・・・と実感。
↑の写真のKDX200も250も、KX125も250も、そして今もある220と、ほぼ看板車を乗りました。
やっぱ、カワサキに対しての思い入れがあるのは、初めて乗ったオフ車の2ストがKDX200だったって事なんでしょうね。
特に200の乗り味は今でも覚えていて、その乗り味に今のYZが近づいたらいいなと思います。
パワー&トルク感、サスペンションの感じ・・・、今のオイラでも理想的なマシンでした。
うん、200はどこでも走りました。
レースにも出たし、林道も行ったし、もちろん河原やツーリングも。
いいマシンだったなあ・・・。
今でも、このスタイルが一番好きです。


巷では、ファンティックがYZのフレームやエンジンで外装換えての新しいマシンを出してくるようですが、どうなんですかね。
凄くカッコイイとか言われてるようですが、所詮YZですからね、よく言う基本設計は超古なんですよ。
オイラはそんな事気になりませんが、皆さん気にしてたはずなのにね。
オイラ、今↑のKDXに乗ってもYZと何にも変わらず周回できると思います。
ひょっとしたら、自分の好みにセットアップするのはヘタクソでも、マシンに合わせた乗り方は上手いのかもしれないな。
それが、楽しいかどうかはそのマシン次第なんだろうけど、それなりに乗るんだと思う。
ホントね、また2スト出してくれませんかね、カワサキさん。

USカワサキは元気なのになあ・・・、本家のカワサキは何してる?
そうそう、不思議だったのは、セパンでカワサキのブースがあったって事。
モトGPには各クラスカワサキは出ていないのになあ。
頑張れ~カワサキ。

ハードブレーキング

今回、セパンの決勝はココで見ました。

ココを選んだ目的は・・・

最終コーナーへのブレーキングを見たかったからです。
TVでよく見たのが、マルケスのハードブレーキングでRタイヤが浮いてFタイヤだけで曲がって行く・・・と言う芸当ですね。
実際見るとスゲ~ヤバそうです。
オイラはちょうど150m地点で見てたんですが、モト3は150m過ぎくらい、モト2で200m過ぎ、モトGPでは200mと、スピード差によるブレーキングが見れました。
ブレーキングも凄かったんですが、ライン取りの違いがかなりあって驚きでした。
突っ込み重視、立ち上がり重視と理屈では分りますが、実際見るとラインがクロスしそうで見てる方が怖かったりね。
しかし、300キロオーバーjからのブレーキングはホント迫力満点です。

やっぱね、この席は最高でした。
レースの状況はモニターで確認できるしナマで見れる箇所が多いし観客も盛り上がってる。

来年もココだな。

番外編

オイラはまずクアラルンプール2(KLIA2)空港へ着いたら、まず現地のお金を手に入れます。

色々調べた結果、一番お得なのはATMによるカードキャッシングじゃないか・・・と言う事になり、まずはキャッシングから始まります。(そして隣の荷物預かり所で荷物を預けてセパンへGO!)
残念ながら日本語が出る機械はないので、今のところ英語ができるツレに便乗してお金をゲットしていますが、今回のスーパーゲストさんも長年アメリカへ行っていたので大丈夫だろう・・・と、ほっといたら・・・

いつまで経っても戻ってこないんで見に行ったら何やらおかしな動き・・・。
ゲストさんの後ろに並んでいた他のお客さんも隣のATMへ移動し・・・、何やらカードが見つからないらしい。
ココに来る前にカードを使っていたのであるはずなんですが、無いと言う。
最初は、『あら、どこ入れたっけ?』なくらいだったのが、探しても探しても見つからなくて最後にはオロオロしてたらしい。
オイラはその間、トイレへ行っていたので見ていなかったんですが、ツレによると相当だったと。
まあ、コレは本人も超焦ったと言ってるのでそうだったんでしょう。
まあ、外国でカード失くしたら面倒臭そうですもんね。
結果、ツレが、『落ち着いて一個一個確認しましょう』と探したら出てきたらしい。
慌てそうにないゲストさんも慌てるんだな・・・と、親近感が湧いたのは言うまでもないですね。
とは言え、オイラがそこにいたら、その慌てっぷりを動画で録っていたのは間違いないでしょうね。


さあ、次は2月7日からセパンですが、少年が去年に引き続き参戦表明してくれました。
今年は、セパンテストのほかに、タイプーサムと言うマレーシア最大のお祭りも同日開催なのでお楽しみが一杯です。
参戦したい方いませんか?