2スト125・250&TOKYO ENDURO CLUB

ブログ統合でオフロードメインですが、モトGPや4ストミニ等、自分の好きな事を書いて行きます。

クリークジャンプ

さて、普通?のガイアの新セクションがコレです。

クリークジャンプ・・・だと。
GNCCの真似っこですかね。
小池田選手も数回トライしたそうですが、結構怖いそうです。
もちろんオイラはノートライです。
そんなクリークジャンプをWEXライダーの一人が飛んだそうです。
誰だか分かっていないんですが、凄いチャレンジ精神ですよね。
ちなみに

距離はコレくらい。
ビビッてショートしたら手首とか逝っちゃいそうです。
助走もあんまり取れないんで、キチンと加速できてフロントアップしていないと無理でしょうね。
JNCCライダーがどれだけ行けるかです。
チャンと迂回?と言うか、通常ルートもあります。
そう、このジャンプはボーナスラインって事ですかね。
こんなボーナス要らないって感じですが。


しかし、やっぱりガイアは楽しいです。
今の状態でも楽しいのに、まだ開拓途中の場所もあるんです。
オイラが行くといつも雨だったのでずっと開拓できずでそのままなんです。
もうね、ココが開通したらとんでもなく凄いコースになりますよガイア・・・って、行ける人は限られそうですが。
もちろん、オイラも支配人さんも行けるかどうか分かりません・・・が、チャレンジはしていきます。
今年は一度チャレンジして跳ね返されましたから、二人とも。
まだまだ頑張らなきゃいけないところがたくさんで休む暇ありません。


↓ 押してくださいね。

女子ライダー大健闘!

さて、気になる女子ライダーの大健闘編です。

女子ライダー大健闘!


相変わらず、動画や写真では厳しさが伝わりませんが、まあ、簡単ではありません。


その証拠に、この日の支配人さんは女子ライダーと同じように押して進みましたから。


それくらいの所を押しながらでも進んだって事は本当に賞賛です。

体格だって大きい方じゃないですしね。


もう、朝も書きましたが、チャレンジする事自体が賞賛なんですけどね。
ちなみに、オイラと支配人さん以外の男子ライダーは沢が始まってすぐリタイヤで歩いてのヘルプ要員ですから。
どうせヘタレなんでしょ?と思う方もいるかもしれませんが、一人はMCFAJのSEクラスの3年連続チャンピオンですから。
まあ、畑違いなので仕方ありませんが、それくらい走れるライダーでもビビルくらいの難易度だと思ってください。
そんなところを進めたのはかなり自信になると思います。
オイラが後ろからプレッシャー掛けたり、「もうちょっとだから頑張って・・・」とか
目標の第一セクションまで頑張ってもらいました。


この女子ライダーさん、雪の中、朝一から一人で来てあんまり休む事無くずっと一人で練習していました。
きっと、この調子で練習して行くとかなり上手く速くなりそうな感じです。
今まで知らなかったけど、今後注目して行こうと思います。
もちろん応援もです。

イイ笑顔ですよね。
次は第二セクションクリアで写真撮りましょう!
冬の間、頑張ってください、応援してます。
来年、雪が融けたらチャレンジしましょうね。


↓ 押してくださいね。

寒かったです

行って来ました、長野県。
雪や凍結が心配でしたが前日の情報では全く問題無い・・・との事。
余裕で安心して高速降りて向っていたら・・・

いきなりの雪景色でした。
夜中に降ったみたいです。

近付くにつれさらに雪景色。
オイラ雪道走行の経験が少ないのでスタッドレスとは言え超ビビリ。
雪は無くとも早朝って事で凍結が怖い。
さらに・・・

この坂は登れるのか?
怖かったんですが、なんとか凍結も無く無事到着でした。

到着時はこんなでしたが、空は晴れていたのであっという間に融けてました。


まあ、辿り着けさえすれば後は雪だろうが雨だろうが問題ないんです。
とりあえず、サクッと着替えてXCコースを走り出しましたが、コース内にも多少の雪があるけど問題なし。

相変わらず、ここのウッズはオイラの理想のウッズに一番近いウッズです。
前週にキャンオフで使ったそうで、走行ラインの轍が深くあったりしましたが、その轍に入らないで進む練習や切る練習、普段できない練習ができました。
ここのウッズはホント楽しいと思います。
TKOよりこっちの方が好きなくらいです。


さて、この日練習に来ていたのはオイラ達を含めて5名、その中に一人の女子ライダーさんがいました。
一人でトランポ運転しての参戦です。
マシンはKTM125、苦手だと言っていたMXコースやXCコースを元気よく走ってて、頑張るなあ・・・と思っていたところで支配人さんが声を掛けてGKOへ行く事に決まったそう。
女子ライダーではもちろん初のチャレンジです。
とりあえず行けるところまで・・・って事だったので、きっとすぐ諦めるだろうなあ・・・と思っていましたが、予想以上・・・ホント凄く頑張ってくれました。
オイラ達の仲間の男子ライダーでさえビビってチャレンジさえしないのに、果敢にチャレンジしてくれました。
もう、それだけでも快挙なんですがさらに快挙となりました・・・が、チョイと時間が無いのでまた明日って事で。


↓ 押してくださいね。

KX350 2st

こんなのが出ればどうするかなあ・・・。

数年前からWEB上では出ていますが、2スト350・・・どうなんだろう。
カワサキもスズキも時代を席巻したんですけどねえ。
まあ、ああいう時代は来ないんですかね?
もし出たら買っちゃいますかね、やっぱ。

やっぱペリメタがいいなあ。


↓ 押してくださいね。

6回目のチャレンジへ

さて、本日は長野県まで行ってきます。
今回も土日の泊りって事で十分楽しんできます。
メインはここ。

そう、今年最後のGKOチャレンジですかね。

今回で6回目のチャレンジになりますが、相変わらずチャレンジと呼んでしまうくらい難所です。
ノーヘルプで行けるんですが、何回行っても怖いです。
キツさで言ったら先日のジョニエル坂の方が数段キツイんですが、怖さで言ったらこっちの方が数段上です。
でも、ここで一番辛いのは最上部かもしれません。

ココが最後の十数メートルなんですが、倒木がランダムにあって苦労します。岩や岩盤は凄くグリップが良いんだけど、この倒木だけは相変わらず厄介です。
でも、頂上がすぐなだけに頑張るしかないんですよね。
しかし・・・7月の時期でも冷たかったここの水・・・今はどのくらい冷たいんだろうか?
凍る事は無いよね、さすがに。


・・・って事で、気を付けて行ってきます。


↓ 押してくださいね。