2スト125・250&TOKYO ENDURO CLUB

ブログ統合でオフロードメインですが、モトGPや4ストミニ等、自分の好きな事を書いて行きます。

久々憔悴

先日のガイア、久しぶりの2デイズ、さらにデイ2は夕方まででした。
本当に疲労困憊でした。
GKO沢は疲れる事は無いのが分かっていたので気にしてませんでしたが、午後に予定していたGKO山は逆に疲れるの覚悟で行きました。
前回は助けをお願いしてやっと進めたくらいだったので、今回もロープを借りて・・・と、お昼まで思っていたのに、いざスタートしたらすっかり忘れちゃってました。
取りに帰るのも面倒だったのでとりあえず、行けるところまで・・・な感じでスタートでした。
そしたら、思ったよりサクサク進むんです。
路面が腐葉土系なので開けたら掘れる、開けなかったら進まない・・・と、難しいところ。
それなのに、イメージ以上良い感じで進んでいきました。

斜度はそんなに無い?・・・と言ってもソコソコあります。
勢いは付けられないので上手くトラクションかけながらフロントアップしないようにしないといけません。
オマケに狭い中でジグザグで進む感じです。

フカフカキャンバーで開け過ぎるとRが流れてズリ落ちます。
写真のみんなは押したりしていますが、オイラは一度も押さず乗ったまま進めました。
コレはホント予想外で自分でも驚きです。
Xが良かったのか、オイラが成長したのか。
・・・と、ココまでは、ホント良かったんです。
全くハアハアせずに尾根道まで出れたのは良かったんですが・・・、そこから先が地獄でした。
もう頂上が見えているのに、最後のセクションが進めませんでした。
夢中で何度も何度もチャレンジしたんですが、大きな根っこが出てきてどうしても無理でした。
もう諦めよう・・・と、我に返って焦りました。
・・・どうやって戻ろう・・・
前日の開拓では、この尾根道まで出たら頂上までは簡単に行ける・・・と思っていたので帰りの道は頂上から降りて行く道だけ考えていたので、ここからの帰り道は確保していなかったんです。
いや~焦りました。
来た道は戻れないし、先も無い・・・、どうしよう・・・と急な坂の下の方を見ていたら、ナンと赤テープを発見しました。
一昨年、オイラが始めて開拓に来た時の目印があったんです。
って事は、そこまで降りて行けばどうにかなる・・・はず。
それでも結構な急坂です。

↑の写真では登ってるように見えますが、実際は下っているんです、コレ。
あまりに急すぎて、Rがズリ落ちてこんな感じになってるんです。
でも、この斜面、ジグザグ登りの練習には良いかもしれません、広いし。
まあ、久々に焦ったり怖い思いをして、本当に久々に憔悴しちゃいました。
体力を使い果たして本当に疲れました。


って事で、明日は久しぶりのTKO、疲れない事を祈ります。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。